自分たちで壁を塗りたい

一戸建て住宅(30坪程度)で壁を漆喰で塗った場合、施工費が300万円ぐらいになります

壁の面積が300㎡ほどあるので、下地を塗って、仕上げを塗るのでどうしてもかかってしまします

 

これを自分たちで塗ろうとすると、まず材料を手に入れなければなりません

それから塗り方や塗る道具も必要ですね

 

まず、材料ですが、『ねり漆喰』と書かれたモノと粉のまま売られているものがあります

20kg入りの説明からしますが、粉のまま20kgと『ねり漆喰』の20kgでは塗れる面積が違います

 

粉のままのモノは水を加えてから施工しなければいけないので、当然量が増えます

 

粉のままと言っても、ノリが配合されていないモノにはノリを足さなければいけませんし

ねり漆喰と書かれていても、油が入っているモノも有ります

 

色が付いたものもありますが、濡れている時と乾いた時では、全く違った印象になります

 

いったいどの材料が、自分のイメージしている仕上がりの壁になるかなんて、分からなくなりますよね

 

そんな悩みを一発で解決出来るように、ワークショップをおこなって、素材選びから塗り方までの説明も行っています

 

2日間のメニューになります

1日目ー素材のことを詳しくお伝えします

    漆喰はどうやって作られて、どんな仕組みで固まっているのかから

    何を混ぜたらどんなふうになって、どう好いのか

2日目ー実際に塗りながら、道具の説明や使い方

    表情を付けるにはどうやったら良いのか

    長年付き合って行くにはどうやったらいいのか

    メンテナンス方法等の無いようです

費用は、2日間のワークショップ講習費が10万円+交通費